ネイルホイル全面貼り応用編!クラフトパンチで簡単アート♪

ネイルアート・デザイン

ネイルホイルの全面貼りの仕方から、応用編のアートをご紹介します♪

全面貼りのできる専用ジェルを使用した部分貼りは以前にご紹介しました。今回は、全面貼り用のジェルを使ってホイル側を簡単にアレンジしてできる簡単貼るだけアートです。

  • アートのやり方
  • 準備するもの
  • ちょっとしたコツ

についてご紹介しますね。

綺麗にお花やハートなどの模様がかけなくても、クラフトパンチで型抜きさえできてしまえば誰にでも簡単に出来るアートなので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

ということで、アート練習100本ノック4本目いきます!

スポンサーリンク

ネイルホイルを使用した簡単貼るだけアートのやり方

いくつかブログの中でもご紹介してきたネイルホイルのアート。今回はなんと、ホイル自体をあるもの使って型抜きして貼り付けていきます。

そのあるものというのがクラフトパンチです。クラフトパンチでホイルを型抜きしてあげることで、簡単に可愛いアートができます。

今回は、桜の花の形をしたクラフトパンチを使用して作った、桜型のホイルを使用したもので動画を作ってみました。そのまま貼って、ホイルを転写して仕上げてもいいし、縁取りしてもいいし、使い方は色々です♪

今回は縁取りタイプでご紹介していきます。

早速簡単に手順を確認してみましょう♪

いかがですか?

言うなれば、型抜きさえしてしまえば貼り付けるだけ!簡単〜♪

手順をおさらいしておきますね。

  1. ベースジェル
  2. ベースカラー
  3. フィルムオンジェル(ホイル専用のジェル)
  4. 未硬化拭き取り *コットンではなくワイプ推奨
  5. ホイル貼り付け
  6. ラインで縁取り
  7. トップジェルで仕上げ

動画は手順3から始まっていますね。

フィルムオンジェルを塗布し、未硬化ジェルを拭き取ります。拭き取り後はペタペタするので、コットンだと繊維が残ります。できるだけワイプを使用します。

ペタペタにホイルを貼り付けていきます。

密着させたら、ゆっくり丁寧に剥がしていきます。張り付いていないところがあれば、無理に剥がさず押さえ直しましょう。

他のホイルも貼りたければ、足していきます。

ホイルを貼り終えたら、ラインを描いていきます。ラインを描き終えたらトップジェルで仕上げていきます。

個人的には掠れ感のあるアートより全面に貼るような堀うの模様などが綺麗に使えるアートが好きで、色々試行錯誤しているわけですが・・・

どんなものが使いやすか?手に入れるのは簡単か?なんていうのも課題。

ということで、今回準備するものなどは比較的手に入れやすいもので実践してみました。

準備するもの

さっそく、準備するものをご紹介しますね。ここで紹介するもの以外は、普段使用しているネイル用品で構わないと思います。

  1. ネイルホイル
  2. ホイル貼り付け専用ジェル
  3. クラフトパンチ

これが必須アイテムです。

他にあったら便利なのは、

  • ピンセット
  • シリコンツール

です。なくても手でつまんで押さえつければできちゃいますので必須ではないですね。

クラフトパンチはダイソーやセリアにも売られていますので、お近くの100円ショップをのぞいてみてくださいね。

ネイルホイルはネイル用品のお店や、楽天やアマゾンでも手に入ります。お安いもので問題なく使えるので、いろんなバリエーションを楽しむのもいいですよね♪

もちろん、100均のものでもOK!セリアにはゴールド、シルバー、ピンクゴールドの3色を見かけましたよ。

内容量考えると、もりかしたら高くつく気もしますが、カラフルなものがよければネットで探すとたくさん出てきます。

ホイル貼り付け専用のジェルは

  • サンシャインベビーのスティッキージェル
  • ageha先生のフィルムオンジェル

などがあります。

現在私が主に使用しているのはこの2つです。

できれば、ホイルとジェルを揃えて使う方が綺麗に仕上がると思いますが、バリエーションも異なるので、手持ちのホイル等で色々試しながらやってみてくださいね。

ちょっとしたコツ

まず、クラフトパンチで型抜きする際のコツです。

ホイル自体はとても薄くて繊細なので、そのままパンチで型抜きしようとしてもぐしゃっと潰れてしまいます。これは、クラフトパンチの隙間とホイルの厚みが合わないのが原因です。

そこで、コピー用紙などを2〜3枚重ねてホイルを一番上に重ねて型抜きをします。そうすることで、厚みが足りて綺麗に型抜きができます。

型を抜くときは勢いよく体重をかけて「バチン!!」と抜いてください。躊躇するとぐしゃっとなります。

このアートを綺麗に仕上げるコツの半分はクラフトパンチで綺麗に型抜きができるかどうかです。

もう1つは、型抜きしたホイルを貼り付ける時のことです。

貼り付けるときは、しっかりと密着させることが必要です。そして、少しずつ剥がします。もし、爪側に転写できていない場合は、戻して上か密着させてあげればちゃんと着きますので、焦って剥がしてしまわないことです。

最後に、ラインで縁取るところです。

これはアートの要素ももちろんあると思いますが、綺麗に転写できなかった部分などがあった場合に、ラインを描くことでうまいこと誤魔化す・・・仕上がりを整えていく要素もあります。

私の腕前的に、どっちもどっちじゃない?と言われそうですが(^_^;)

ぱきっと仕上げるのにもラインで縁取るのはおすすめですよ♪

 

おわりに

いかがでしたか?

ものさえ揃えば、事前に型抜き空いたホイルを貼るだけなので超簡単!

時間のあるときに、パーツとしてコツコツ貯めておけば組み合わせ次第で季節を問わず使えそうですよね。

クラフトパンチもハートや星、お花などのオーソドックスなのものから、雪の結晶など手で描くのが大変そうなものも種類が豊富なので、ちょっとずつ揃えたくなっちゃいますよね。

ネイルホイルというアイテム1つで、色々な使い方ができるというのが楽しい今日この頃です(^ω^。)

 

この記事を気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ネイル好きな管理人によるネイルの練習ノートです。検定のこと、スクール・通信ん教育をはじめとして、ネイルに関するイベント体験レポや、おすすめのアイテムなどを紹介しています。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31