つかないで困ってる?ネイルホイルの使い方!全面にも貼り付けたい!

ネイルアート・デザイン

ジェルネイルのアートに用いられるホイル。うまくつかないとお悩みですか?

ネイル用のホイルってニュアンスで使う以外に、綺麗なラインや模様をだすのにも使えちゃうんですよね。

ですので、実は使えるようになるとデザインの幅も結構広がる。

日本ではあまりみかけないですが、海外のマニキュアリストさんのデザインでは、ラインにホイルを使うものもお見かけします。

ぜひ、やり方を知ってもらって、いろいろ楽しんでもらえたらと思います♪

ということで、今回は「ネイルとホイル」についてご紹介していきますね。

  • 使い方・やり方・貼り方のコツはないの?
  • ホイルがジェルにうまくつかない!
  • デザインはどんなものがある?
  • 全面張りってできるの?

これらについて、書いていきますので、もしホイルネイルをやりたいけど、何をどうすればうまくできるのか・・・と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ホイルネイルのやり方!貼り方のコツは?

基本のやり方はいたってシンプルです。

未硬化ジェルにペタッとホイルを貼り付けてピッと剥がす

です。

部分的にはがれかけ感を出すにしても、全面に貼り付けるにしても基本はこのやり方ですね。

手順としては

  1. ベースカラーやアートなど、ホイルを貼り付けの前段階まで行い 硬化する
  2. 未硬化ジェルの残っている状態で、そこにホイルを貼り付ける
  3. 剥がす
  4. ジェルでコーティングして硬化する

という流れです。

写真でいうと以下のような流れです。

また、ジェルでラインを描いて、この上にホイルを貼り付けてラインを描きたい場合は

  1. ベースのアートを仕上げる
  2. マットトップジェルでいちどコーティングして拭き取る
  3. さらさらの状態でラインを描いて硬化する
  4. 硬化したラインの上にホイルを押し当てて貼り付ける
  5. トップジェルで仕上げる

このやりかたで、狙ったラインの上だけ貼り付ける事ができます。この方法で、一部分だけホイルを貼り付けるということもできますね。

写真はマットで仕上げたところからです。

ラインを引いて、硬化したらホイルを貼り付けます。

そして、トップジェルで仕上げます。

最後のところをアップにすると・・・

このような感じです。

基本のやり方は、ご紹介した方法です。

とはいえ、ジェルブランドはたくさんあるしホイルもたくさんありますよね。

あなたがすでに持っているものを試してみても、もしかしたら「うまくくっつかない」と悩まれているかもしれません。

その理由について、考えられることをご紹介します。

ホイルがうまくくっつかない!!全面に綺麗に貼りたい!

綺麗にくっつかない。

特に

  1. 広範囲
  2. 全面に貼り付けたい
  3. ジェルで描いたライン全てにホイルを綺麗に貼り付けたい

という場合。

実は、綺麗に貼り付けられない要素があるんです・・・考えられるのは2つ。

  1. ジェルの効果時間が短いor長い
  2. ジェルとホイルの相性が悪い

です。

ジェルの効果時間は適正?

ジェルの効果時間については、未硬化ジェルが残っていなくてはいけないけれど、ありすぎてもくっつかないという難点があるので、通常よりも少し長めに硬化します。

例えばエースジェルから発売された、ホイルとの相性が良いカラージェルは、通常LEDライトで硬化する場合は15秒。

アート用のホイルを使用する場合は、長めに硬化するようにと書かれていたので、15秒〜30秒で硬化して使用しています。

そうすると綺麗にホイルが張り付いてくれます。長すぎて未硬化ジェルがなさすぎてもつかないので、手持ちのジェルとホイルで試してみるのが一番です。

ジェルとホイルの相性問題

どんなに調整しても思うように綺麗に張り付かないときがあります。

ここで2つめの点なのですが、ズバリ・・・”相性”です。

ホイルと一口に言っても、色々な名称でなおかついろんなメーカーから発売されています。私の手元にあるのは、

  • クロウネイルアートフォイル
  • KOKOIST
  • agehaリフェクションフィルム
  • moyraマジックホイル

などなど。100円ショップでも手に入りますね。

実際に、手持ちのジェルとの相性をみるために試してみたのが下記の写真です。

今回、個人的に一番ホイルが綺麗に張り付くと感じていたmoyraのホイルジェルをベースにして使用して実験してみました。

左上から順番に

  1. moyra
  2. クロウ
  3. KOKOIST
  4. agehaリフェクションフィルム

です。

同じジェルの上にホイルを変えて乗せた結果・・・

このような結果に。

ご覧通り、綺麗に張り付く張り付かないが見事に分かれます。いろいろと試してみた結果、どのジェルでもどのホイルでもうまく貼り付けられるとは限らないんです。

で、気づいたのはジェルよりもホイルの性質かもしれないという事です。同じように見えても、手触りや厚みが全て異なりました。綺麗に張り付くホイルは、適当に選んだカラージェルやベースジェルなどにも張り付きます。

綺麗につかなかったジェルも、ベースジェルなら綺麗に張り付いたりするものもあります。

ホイルの性質によって、ジェルとの相性が異なるという事ですね。

手っ取り早く綺麗に仕上げるのにオススメなのは・・・

でも、いちいち自分の持っているものすべてで試すのは面倒!!!!

というあなたに・・・・

 

ここで登場するのが、専用のジェルとホイルの組み合わせです。

実は、上の方でラインアートに使用しているのがこの専用のジェルとホイルの組み合わせです。

専用ジェルとホイルを一緒に使用することで、全面にも貼り付ける事ができるので、ニュアンスだけでなく繊細なラインアートをアンティーク調に仕上げることもできちゃいます。

今、国内で手に入るものですと

サンシャインベビーのスティッキージェルとサンシャインベビーネイルホイル

の組み合わせですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本製】MissSunshineBabe [ スティッキージェル 4g ] サ…
価格:2555円(税込、送料別) (2017/6/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MissSunshineBabe ネイルホイル [ ゴールド/1.5m ] ネイ…
価格:540円(税込、送料別) (2017/6/10時点)

ネイルパートナーさんを利用できるのであれば、

aceジェルのヴィバザゴールド・ギャラクティックシルバーとクロウのネイルアートフォイル

も綺麗に張り付きます。

もう一つは、

moyraというハンガリーのネイルブランドから販売されているホイルジェルとマジックホイル

です。これが写真で使用しているものです。

下記の記事で動画にしてスティッキージェルとホイルジェルを使ってアートしたものをご紹介しています。上で紹介した方法とスティッキージェルは使用方法が異なりますので、こちらにも目を通してみてくださいね。

内容は重複することがありますが、動画でやり方を乗せているので参考にしてみてください。

全面に貼り付けるホイルネイルで繊細ラインアートのやり方!

 

今のところ、3つとも手持ちにあるのですが、moyraのホイルの色が好きで、こちらを使用しています。でも残念なことに、まだ日本に正規代理店がないんです。

早くできてほしいんです〜。私に財力があれば・・・なーんて。

ネットショップは開設されているのでハンガリーから個人輸入という形で購入することは可能です。

 

おまけ:ホイルを使ってラインアートデザイン♪

デザインは色々できますが、今回はラインにホイルをくっつけるデザインをやってみました。

ゴールドのラインがすべてホイルです。細い線や細かな点、曲線にもフィットしてくれます。

 

最後の写真は、お恥ずかしながら、私の手。

ミラーネイルよりも、細かいところを輝かせる事ができるので(個人的には)繊細なラインなどは本当におすすめですね。

やり方は色々ありますが、

  • ホイルとジェルの相性を考える
  • 面倒だったらセット使いする
  • 全面貼りしたければセット使い
  • マットジェルをうまく使う

これらを念頭に置けば、色々と素敵なアートに繋がると思います♪

ぜひ、試してみてくださいね(^ω^。)

この記事を気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ネイル好きな管理人によるネイルの練習ノートです。検定のこと、スクール・通信ん教育をはじめとして、ネイルに関するイベント体験レポや、おすすめのアイテムなどを紹介しています。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31