全面に貼り付けるホイルネイルで繊細ラインアートのやり方!

ネイルアート・デザイン

ホイルネイルでラインアート。綺麗に貼り付けたいのに、かすれてしまうとお悩みですか?

こんにちは、ネイル用のホイル大好きホイルマニアaikomです。

ホイルネイルでラインに貼り付ける方法って、検索すれば出てきますよね。

良くいえばアンティーク調。悪くいうと、はがれかけ・・・

 

ラインに綺麗に貼り付けたいの!!

なんどやっても綺麗にできない!!

きーーーーー!!

 

って、なりません?私も最初なりました。

そこで、この記事では私が実際に色々試した中で

 

  • 簡単に手に入れられるアイテムを使い
  • 一番キレイに貼りつくやりかた

 

をご紹介します。

組み合わせ次第では、和風に洋風にも合うホイルラインネイル。←命名?

ぜひ試してみてください。

カッスカスではなく、ツヤっとキレイなホイルラインに仕上がりますよ!

 

スポンサーリンク

ホイルを切に貼り付けるために必要なのは〇〇でした!

はい、キレイに全面に貼り付けるのに必要なのは

 

専用ジェル

 

でした!

私が愛用しているのはハンガリーブランドMoyraのFOILGELです。そして、専用のMAGICFOIL。

この組み合わせが最強です。

ただ、難点があります。

日本では売られていません!

まだ代理店がないので、webショップから購入します(個人輸入扱い)。もし、同じものを使用したい!という場合は、ぜひMoyraで購入を♪(←回し者か・・・)

購入から10〜14日でお手元に届きますよ。

 

とはいえ、思い立ったらすぐにやりたい!できたい!!ですよね。

で、一生懸命探したんです。

国内にホイルを貼り付ける専用のジェルはないもんか・・・と。

そうしたら、ありました。

サンシャインベビーのスティッキージェルです。

もともと、ホイルを全面に貼り付けるのが目的のジェルです。なので、ラインを描くにはちょっとテクスチャーが柔らかいのですが、ブラシに取る量を調節すれば、細いラインも描けましたよ。

スティッキージェルに関しては、未硬化ジェルを拭き取って使用するタイプで、通常のホイルネイルとちょっと使い方が異なります。

でも、とっても簡単。

しかも、どこのメーカーやブランドのホイルとも相性が良いので、お手持ちのホイルでまずは試してもらえます。

下が比較画像です。あえてホイルは同じものを使用しました。

写真の下2つのうち一番下がスティッキージェルで、その上がホイルジェルです。

どうです?繊細なラインアートにホイルってキレイですよね〜♪

 

これが自分でできてしまうんだなぁ〜これが。

ということで、実際にやってみましょう。

 

実際にやってみよう〜!慣れれば繊細ラインアートもお手の物。

まず、3つのコツをお伝えします。

  1. ベースのアートができたらマットジェルでコートして拭き取っておく
  2. ラインの硬化はその都度する(流れやすいので)
  3. プレップで拭き取ったら乾くまでちょっと待つ

この3つ。これをすることで、狙ったラインにのみホイルを貼り付けることができますからね。

もしマットジェルがなければ、クリアを重ねて硬化して拭き取ったらバッフィングしてください。表園をサラサラの状態にしておくのがポイントです。

では、さっそく手順です。

  1. ベースのアートやカラーは済ませておく
  2. マットジェルでコートして硬化したら拭き取る
  3. スティッキージェルでラインを描き硬化する *ラインが多い場合は流れてしまわないように小まめに
  4. ネイルプレップで拭き取り乾かす(2〜3分)
  5. ホイルを貼り付ける
  6. トップジェルで仕上げて終了

とっても簡単ですよね。

スティッキージェルの場合、硬化時間もLEDで10秒!36wのUVライトなら30秒で硬化できるので作業効率も良いですね。

実際の流れを動画にしてみました。

多少みづらいところもあるかと思いますが、サンシャインベビーとMoyra両パターンのご紹介をしています。2倍速でみてもらうとちょうどいいと思いますよ。

動画はベースのアートが終了して、マットジェルも拭き取りした後から始まります。

いかがでしたか?

思っている以上に簡単に、かつキレイに仕上がるんですよ〜♪

もちろん、ネイルプレート全面に貼り付けることも可能なので、色々なホイルと組み合わせて楽しめます。

オーロラ系のホイルでもしっかり使えるので、ゴールドやシルバーのホイルラインだけでなく、オーロラホロのようなホイルでアートの上から使用しても絶対可愛いですよね♪

スティッキージェルは楽天でも購入できます!販売店が近くになくても大丈夫。

 

今すぐやってみたい!というあなたに、おすすめのスティッキージェル。

ホイルとの相性は抜群です♪

ちなみに、ベースジェルとして使うと、ウィークリージェルのような使い方もできるのだそうですよ。

1つ持っていると、アレンジがきく商品だと思うので個人的に殿堂入りです。

おわりに

いかがでしたか?

国内ではあまり見かけないんですが、海外ではホイルをこのように使ったアートも見かけます。個人的に、かすれた感じを出すよりも、こういったラインアートの方が好みなので、以前から練習しているのです。

揃えるものもそんなに多くないので、ぜひ試してみてくださいね。

アート前はマットジェルでコートしておく

専用ジェルを使ってラインを描く

このポイントを抑えてもらえれば、あとは練習して細いラインもかけるようになると思いますよ。

下記の記事では、うまくホイルがつかない理由や、相性についてご紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

つかないで困ってる?ネイルホイルの使い方!全面にも貼り付けたい!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ネイル好きな管理人によるネイルの練習ノートです。検定のこと、スクール・通信教育をはじめとして、ネイルに関するイベント体験レポや、おすすめのアイテムなどを紹介しています。
2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930