おゆまる大活躍!樹脂粘土を使った”ネイルパーツの型”の作り方

ネイルの道具

自分の好きなパーツを好きな色で作れたらな〜なんて思ったことありますよね。巷で話題なのは”おゆまる”という樹脂粘土を使って作るネイルパーツ。これを使えば、好きなパーツが簡単に作れちゃいます。ゴールドやシルバーだけでなく、手持ちのカラージェルやアクリル、レジン液を使えば好きなカラー、マット艶ありパーツが作れます。

ということで、今回は”おゆまる”を使ってネイルパーツを作るための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

”おゆまる”で好きなパーツの型を作る方法

100円ショップでも購入できる”おゆまる”という樹脂粘土。店頭では売り切れになる程人気なんですよね。パーツ作りに使えそうだなぁと以前から思っていたので、実際に挑戦して見ました。さっそく作り方をご紹介しますね。まずは準備するものですが

  • おゆまる(樹脂粘土)
  • お気に入りのパーツ
  • ピンセット
  • 耐熱容器

です。手順としては、

  1. 熱湯を用意する(80度以上推奨)
  2. 耐熱容器に熱湯を注ぎ”おゆまる”を中に入れる
  3. 2~3分したらピンセットで取り出して平らな場所に置く
  4. 冷めないうちにパーツを乗せる
  5. パーツをのせたら上から押し込む
  6. 樹脂粘土が冷めるのを待ってパーツを取り出して完成

この手順をスライダーにして見たので画像を確認して見てくださいね。

さらっと説明してしまうとこれだけでとっても簡単なんですが、実はこの写真を撮るまでに何度となく失敗している私。触りすぎてぐにゃぐにゃになったり、気泡が入ったり。パーツがうまく埋め込めなかったり。ちょっとのことなんですが、実は仕上がりに結構差が出るんです。そこで、綺麗に型を取って実用的な型にするコツをご紹介していきますね。

これで失敗しない!型を綺麗に作るコツとポイント

熱湯で柔らかくしてから型を取る、その方法のためぐにゃぐにゃになって扱いは難しいという悩みもあります。できれば型も綺麗に取りたいし、お気に入りパーツをきっちり再現したいですよね。そこで、これを押さえておけば失敗しない!という3つのポイントをお伝えしておきたいと思います。

  • お湯の温度管理
  • パーツの厚み
  • 型取りの際の押し込み方

です。

まず、お湯の温度管理ですが・・・冬場は熱湯もあっという間に温度が下がります。自宅の電気ポットで98度のお湯を用意しても2~3分のうちにガンガン下がるんです。熱湯を使用するので耐熱であればマグカップでもなんでも良いんですが、おすすめなのはステンレスの容器!できれば蓋がついているとなお良いかと思います。

写真はステンレスのボウルです。マグカップやお弁当箱なんかのステンレス製品もあったんですが・・・おゆまるを入れた時に曲がってしまったりすると面倒なので、このようにゆったり入れられるものがおすすめです。

温度が下がらないうちにしっかりと温めて、樹脂粘土を柔らかくすることが一番大事。ここで柔らかくならないと、パーツがしっかりと埋め込まれないですし扱いがしにくいんですね。そして、さっと取り出したら平らなところに置いて、パーツをのせていきます。

ここではパーツは軽く乗せるだけでOKです。

お伝えしている通り、使うパーツの厚みもポイントとなっていて、薄すぎるものは適していません。写真に乗っているような厚みのあるパーツの方がおすすめです。1mm〜くらいの厚みがあるパーツを選ぶのがポイントです。

そして、型を取る際にパーツの押し込み方も大事。平らい均一に力をかけてあげるために、今回、プラスチックの板(確か何かの容器の蓋・・・)で上から押してみました。

指で1つ1つ押し込んでいくよりも、満遍なく全てのパーツに力が加わるのと、表面が均一に平らに仕上がります。パーツによってでこぼこしたりしているものもあるので、こうやって平らなものでサンドイッチしてあげると綺麗に仕上げることができますよ。

表側から見るとこのような感じになっていて、

横から確認して見ると、このように平らに均一になっているとジェルやアクリル、レジンなども流し込みやすいと思います。

こうやって好きなパーツで型を取ってあげることで、いろんなアートにも使えるので楽しいですよね。実際にやって見るととっても簡単なのですが、樹脂粘土の温度に気をつけながらパーツなども準備して置くとスムーズにできますよ♪

おわりに

さてさて〜いかがでしたでしょうか?今回は手作りネイルパーツのなかでも好きなパーツで型を取って自作のモールドを作る方法でご紹介しました。

最近はシリコンモールドの小さいものもたくさん出回っていて、好きなカラーや質感の自作ネイルパーツを作れるので、塗ったり描いたりする以外の楽しみもぐ〜んと広がっていますよね。

おゆまるのような樹脂粘土ならば、100円ショップやアマゾン、楽天でも購入できてお手軽に挑戦できるのでお手持ちのパーツでぜひ楽しんで見てください。

ちなみに、ネイルパーツにこだわらなくても1~2mm程度の凹凸であれば、樹脂粘土に押し当てるだけでオリジナルネイルパーツを作ることができるので、かわいいアンティークのボタンとか、金具、身の回りにあるもので使えそうなもので色々試して見ても良いかもですね!

私もかわいいパーツ作り頑張ります♪

 

 

 

この記事を気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ネイル好きな管理人によるネイルの練習ノートです。検定のこと、スクール・通信ん教育をはじめとして、ネイルに関するイベント体験レポや、おすすめのアイテムなどを紹介しています。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31